【出演アーティスト】Full Of Harmony

Overview

今年の10月にメジャーデビュー20周年を迎える日本R&B界のパイオニア、フル・オブ・ハーモニー(FOH)。そのアニヴァーサリーに向けて、宣誓打となる「OVER DRIVE」を2017年の12月20日に、第2弾の「音 Maniacs」を2018年の8月1日にそれぞれデジタ ルでリリースしてきた彼等が第3弾シングルとして5月29日に発表するのはこれまでのハードボイルドなイメージを綺麗に覆すFOH流のチルアウト・ソング。休日フィール溢れる殊更スペシャルなプライベート・パーティーへとリスナーを誘うかのようなこの メロウ・チューンには、ゲストに「甘えちゃってSorry」をYoutubeでのヴュー数1100万回を超す特大のヒットにした女性ラッパー 界のカリスマ、AYA a.k.a. PANDAが迎えられ、リラックスできる雰囲気をキュートに演出してくれる。アニバーサリー・マンスの 10月まであと5カ月。アニバーサリーに相応しい新作やツアーの情報が届けられるのももう間近だ。 

Profile

 

1997年、HIRO,ARATA,YUTAKAの3人でFull Of Harmonyとしてグループ結成。1999年にF.O.Hとして「BABY」でデビュー。同年10月

「BE ALRIGHT」でREWIND RECORDINGSよりメジャー・デビュー。2000年に1st ALBUM「Full Of Harmony」誕生。ZEEBRA全国ツアー、 KC&JOJOのオープニングアクトを務め、DOUBLEの復活作「handle」へのゲストや自身のXマス・アルバム「Wishing A Special Christmas To You」にDreams Come Trueより吉田美和をゲストに迎える等、多方面で話題に。2001年にはVincent Herbertのプロ デュースでNY録音。9月には2nd ALBUM 「F.O.H II」をリリース。初のワンマン「Natural Born Sangstar」を東京/大阪で行う。 Rhymester「ウワサの真相」への参加はこの頃。2002年にはRhymester全国ツアーに同行、秋にはRhymester プロデュースのシング ル「S.E.X feat. Rhymester」を含む3rd ALBUM 「PROJECT VIKING」を発売。2003年に韓国映画「猟奇的な彼女」の日本語テーマ曲「I Believe 」は映画共にヒット作に。その後ビクターに移籍、結成当時の「Full Of Harmony」として2004年に4th ALBUM「Life size Speaker」を発表。2005年には角川映画「戦国自衛隊1549」の主題歌「涙の数だけ」を発売。その後シングル集「SINGLES9905」、 初クリップ集「CLIPS9905」もまとめられる。2006年5th ALBUM「DRAMA」をリリース。その後Ne-Yoプロデュース「BRAND NEW DAY」を筆頭に海外アーティストとのコラボで話題に。2007年にはTeddy Rileyプロデュース/客演の「G.O.O.D TIMES feat.Teddy Riley」を経て海外レコーディング集大成6th ALBUM「W」を発売。春には全国ツアーを終え、秋にはTeddy Riley Japan Tourに同行。 冬には「White Album ~Winter Best」を、2008年の7th ALBUM 「ENERGY」がこれに続く。男性R&Bシンガーのイベント「SUGAR SHACK」を開始。レギュラーにはLL BROTHERS,HI-D,三浦大知, HI-D,JAY’ED TSUYOSHI ,LEOが名を連ねる。2009年にはフィーチャー リング・ベスト「BEST FEAT 9909」を発表。SUGAR SHACKではテーマ・ソング”SUGAR SHACK”誕生。またこの年HIROのソロ・プ ロジェクト「MIHIRO~マイロ~」が始動、Rhythmzone(AVEX)より1st.ALBUM「My Way」が発売。YUTAKAもDJ adiosとして活躍、 ARATAは映像監督として数々のアーティストのMVを手掛け始める。2010年、アルバム「SUGAR SHACK Official soundz mixed by DJ HAL 」をビクターで発売。2011年、LEOとSplit Single「BACK 2 The Floor」、アルバム「SUGAR SHACK FACTORY」をSAVAGE に残し、 SUGAR SHACK内でLL BROTHERS,HI-DとNew Jack Swingユニット「RUNNING MAN」も結成。2012年にはレンタル限定アルバム 「Love Ballad Collection」を、そして8枚目のアルバム「VISIBLE」が2013年に生まれる。ここに至る迄の足跡を2015年のCD+DVD集 『Last Best To The Future』にまとめ、新曲「DREAMER」も収録。そしてメジャー・デビュー20周年を迎える2019年に向け、2017 年12月に新曲「OVER DRIVE」が誕生、第2弾シングル「音 Maniacs」を2018年8月に、そして第3弾となるのが「とりまレイドバッ ク feat. AYA a.k.a. PANDA」である。 

関連記事一覧

PAGE TOP